妊娠線 原因

妊娠線が出来てしまう原因は?

妊娠線は一度できてしまうと完全に消すことは難しく、できないように予防することが何よりも重要です。

 

そもそも妊娠線はなぜできてしまうのでしょうか?

 

原因を知っていれば予防することもできるのでチェックしてみましょう。

 

 

体重増加

本来であれば1ヶ月1kgあたりの体重増加が理想です。多くても出産までに10kg以内の体重増加に留めましょうと言われていますが、ついつい食欲が増して食べ過ぎ、急激に体重が増加してしまう人も。

 

急に体重が増えると、皮下組織の真皮層が皮膚の伸びについていけず、断裂することで妊娠線ができてしまいます。

 

肌の乾燥

妊娠するとホルモンバランスの影響で肌の水分量が崩れ、肌が乾燥しがちになります。するとクリームで保湿をしても皮膚の伸び率が悪くなるため妊娠線ができやすくなってしまいます。

 

ホルモンの影響

妊娠するとホルモンの影響によりコラーゲンの生成、ターンオーバーの働きが抑制されてしまいます。そうすると肌の弾力が失われ皮膚組織の断裂が起こりやすくなります。

 

 

妊娠線は5ヶ月頃からできることが多く、皮膚が急激に伸びるヒップ、バスト、お腹、お尻にできやすく中にはふくらはぎにも出来てしまう方もいらっしゃいます。

 

予防はなんといっても保湿で、もうすでにできてしまった場合でもこの保湿が重要です。

 

体重は記録をとってしっかりと管理するようにし、肌の弾力を足すためにコラーゲンやビタミンCを食事から積極的に摂取するようにしましょう。